次の10年を
あなたはどう描きますか?

Vol.32020年代を描くクリエイター

テクノロジーの発展によって誰もが「クリエイター」になれる世界。広がり続ける表現の可能性を2020世代はどう見ているのか。これからさらなる活躍が期待される若手クリエイター2人に、大会の3つのコンセプトに沿って想いをきいた。

  • #全員が自己ベスト

    目で観ている世界よりももっとキラキラしたものを撮りたい

    松本 花奈(映画監督)
  • #全員が自己ベスト

    ここで「できない」ってなったら恥ずかしいな

    RIRI(オルタナティブR&Bシンガー)
  • #多様性と調和

    大学は「本当は知り合うはずじゃなかった」人と知り合える場所

    松本 花奈(映画監督)
  • #多様性と調和

    曲作りを通していろんな人種と一つになれた

    RIRI(オルタナティブR&Bシンガー)
  • #未来への継承

    「今日はこういう気分だから」を大事にする

    松本 花奈(映画監督)
  • #未来への継承

    昔のものが「ネオ化」していく

    RIRI(オルタナティブR&Bシンガー)
RECRUIT | TOKYO 2020 | 東京 2020 オフィシャルパートナー(人材サービス&オンライン学習及び教育サービス)