次の10年を
あなたはどう描きますか?

Vol.52020世代のスポーツ選手

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を中心となって盛り上げるアスリートの中には、企業に所属しながら努力を重ねている人もいる。彼らは学業・仕事とスポーツをどう両立してきたのか。東京2020大会での活躍が期待されるアスリート2人からそれぞれの思いを聞いた。

  • #全員が自己ベスト

    周りの“応援”が力になる「結果で恩返しがしたい」

    仲野 春花(アスリート(陸上競技(走高跳)))
  • #全員が自己ベスト

    周囲に支えられ、あきらめない気持ちを結果に繋げる

    羽野 一志(オリンピアン(ラグビー))
  • #多様性と調和

    「スポーツ」という共通言語が生む力

    仲野 春花(アスリート(陸上競技(走高跳)))
  • #多様性と調和

    メダルを目指して国境を越えてチームが一体化する

    羽野 一志(オリンピアン(ラグビー))
  • #未来への継承

    影響を与えられる選手でいるために

    仲野 春花(アスリート(陸上競技(走高跳)))
  • #未来への継承

    未来を意識し、自分の力で掴み取る

    羽野 一志(オリンピアン(ラグビー))
RECRUIT | TOKYO 2020 | 東京 2020 オフィシャルパートナー(人材サービス&オンライン学習及び教育サービス)